新潟の名産品を紹介します!

このブログは、①新潟県の名産品の紹介と②弊著へのご感想とご意見、ご質問の受付を目的としています。

新潟に杉と男は育たないは本当か?【越後杉】

f:id:niigatameisan:20180716124056j:plain

画像は以下のサイトより引用

http://www.pref.niigata.lg.jp/rinsei/1253739695527.html

 

新潟県には、記事タイトルのような格言があります。

(日常生活で言われることはまずありませんが)

 

「新潟の杉や男はダメだ!」というニュアンスで使われます。

ですが、本当に新潟に杉と男は育たないのでしょうか?

今回の記事では、名産品紹介も兼ねて、この格言が本当に正しいのかを検証していきます。

 

まずは、「男」について検証していきます。

筆者は新潟県の男はダメだと思っていません。

では、何をもって新潟県の男は良いと証明するか。

異論はあるかもしれませんが、筆者は「離婚率の低さ」をその根拠とします。

男女論はもめやすいテーマですので、手短に検証していきます。

 

離婚率の低さを示すデータは、総務省統計局のものを参考とします。

人口千人あたりの離婚率の低さにおいて新潟県は、47都道府県のうち毎年1位や2位を記録するほどです。

統計による誤差といった細かなことを除いても、新潟県が離婚率が極めて低い県であると言えます。

これは新潟県の男性に魅力があり、女性を手放なさないということが言えるはずです。

もちろん新潟県の女性もとても素晴らしい魅力があります。

(読者様のなかには異論があるかもしれませんが)

 

2015年調査

2014年調査

 ・1位 富山県(離婚率1.34)

 ・2位 新潟県(離婚率1.38)

 ・3位 秋田・島根県(離婚率1.4)

 

2013年調査

 ・1位 新潟県(離婚率1.41)

 ・2位 秋田県(離婚率1.42)

 ・3位 山形・富山県(離婚率1.47)

 

次に杉の話です。(男女論はこれ以上やるともめそうだからやりたくない!)

結論から言いますと、新潟県全体では杉は育ちますし、杉もブランド化しています。

 

新潟県では杉はきちんと育ちます。

県内の木材需要を上回る形で杉の供給量が増えています。

そして、その中でもブランドとしての基準を満たした杉は「越後杉」と呼ばれています。

県が新潟の杉のブランド化を進めていて、ブランドとしての基準を作っています。

 

新潟県ホームページ 越後杉ブランド認証材(越後杉ドライ、越後杉集成材、越後杉合板)とは

http://www.pref.niigata.lg.jp/rinsei/1219600864670.html

 

新潟杉の専門店 株式会社小倉建設 越後杉について

http://www.ogurakensetsu.jp/cedar/

 

新潟県木材組合連合会

https://kenmokuren.jp/brand/

 

といったように、新潟県は杉のブランド化に力を入れています。

 

このように「新潟に杉と男は育たない」というのは迷信であるということがわかります。

では、なぜこの言葉は生まれたのでしょうか。

最後に、この言葉が生まれた背景を見ていきます。

 

「新潟に杉と男は育たない」は、新潟市で生まれた言葉と言われています。

そもそも「新潟に杉と男は育たない」という言葉にある「新潟」は、新潟県全体を指すものではありません。

この「新潟」は、合併する前の旧新潟市を指します。

 

実は、新潟市(新旧含む)は砂の街としても有名です。

水はけが悪く砂丘が多いため、杉が育ちませんでした。

新潟市が砂の街としても有名な事は、テレビ番組の「ブラタモリ」でも取り上げられています。

ブラタモリ】米処は砂の街?(新潟編)

https://matome.naver.jp/odai/2146985593228467901

 

また、旧新潟市は花街としても栄えた街でした。

新潟市の古町が、日本三大花町として、京都の祇園、東京の新橋に並ぶくらい栄えました。

そのため、旧新潟市の男性が花町で働く女性にうつつを抜かしていたと言われれています。

 

以上のように、旧新潟市が、砂の街と三大花町として栄えていたために、「新潟に杉と男が育たない」という言葉が生まれたと言われています。

まぁ、筆者は杉はともかく男が本当に新潟市で育たないのかどうかは疑問ですが。

 

この「新潟に杉と男は育たない」という言葉に違和感を覚えた地域の方も少なくないはずです。

特に、戦国時代に諸国に遠征をして活躍した上杉謙信公を輩出した上越市の方が、この言葉を聞いても違和感しかなかったと思います。

この記事を読んで、その違和感を解消していただければ幸いに思います。

浅草 石フリマ2018に行ってきました!【糸魚川翡翠】【日高ヒスイ(北海道)】

2018(平成30)年5月13日日曜日に開かれた「浅草 石フリマ2018」に行ってきた感想兼レポートです。

 

石フリマとは、アマチュア、つまり業者(※)ではない個人が鉱物や化石などを持ち込んで、その売買を行うイベントです。

鉱物や化石などの即売会イベントです。

※業者の方も少ないですがいました。

 

浅草駅から歩いて徒歩5分ほどの浅草 都立産業貿易センター台東館で開かれました。

その日はあいにくの雨でしたが、建物内ですので支障は全くありませんでした。

 

f:id:niigatameisan:20180514122807j:plain

f:id:niigatameisan:20180514122818j:plain

 写真がぼやけているのは、モザイク処理がめんどくさかっただけだからね!勘違いしないでよね!

会場には、20代から60代くらいまでの老若男女が大勢いました。

大宮ミネラルマルシェと違って、浅草という場所柄のためか、高年齢の方が多くいました。

http://niigatameisan.hatenablog.com/entry/2018/04/22/185138

子供連れも見られ、会場内には無料の綿あめもあり、子供も楽しんでいた様子です。

筆者個人のイメージでは、もっとこじんまりとしたイベントをイメージしていたので、予想以上に活気があって驚きました。

 

新潟特産の糸魚川翡翠も売られていました。

東京ではほとんど見られないラベンダー翡翠や黒色の翡翠が売られていました。

他にはカットされた翡翠や細かなさざれ石の翡翠が販売されていました。

希少な糸魚川翡翠を求めて多くの男女が訪れていて盛り上がっていました。

 

f:id:niigatameisan:20180514122957j:plain

f:id:niigatameisan:20180514123023j:plain

f:id:niigatameisan:20180514123045j:plain

f:id:niigatameisan:20180514123106j:plain

出展者の方は業者ではなく、収集歴15年のコレクターの方でした。

翡翠だけでなく、コーヒーも好きなため、糸魚川の地にカフェを開くのが夢とのことでした。

一昨年にあった糸魚川大火が起こる直前の日に物件の契約をしたとのことでした。

https://blogs.yahoo.co.jp/photo_1216

 

今回のイベントで新潟関連の石は翡翠のみでした。

大宮ミネラルマルシェと違って、佐渡の赤玉石や津川町(阿賀町)のアメジストは売られていませんでした。

ただ、今回は鉱物だけでなく、同人誌やポストカードなどの同人が売られていました。

コミケ的な要素もあるイベントでしたので、石が好きな方だけでなく、コミケが好きな方にも楽しめるイベントだったと思いました。

 

ここからは、新潟と関係ないですが、翡翠に関連した石を紹介します。

 

f:id:niigatameisan:20180514123132j:plain

会場内には、北海道の日高で採れる日高ヒスイも販売されていました。

日高ヒスイは、ヒスイという名前がついてますが、厳密には翡翠(硬玉と軟玉)と全く関係がない石です。

硬玉(ジェダイト翡翠がヒスイ輝石、軟玉(ネフライト翡翠が透閃石という石の分類であるのに対し、日高ヒスイはクロム透輝石という分類です。

つまり、日高ヒスイは硬玉・軟玉どちらにも属していない石ということです。

しかし、翡翠と同様に強靭で緑色をしていて、透明感があり、織物構造になっていることから、北海道大学の番場猛夫博士(当時は地質調査所)が論文を発表して第三の翡翠として公認されました。

 

最後に筆者の戦利品の写真です。

f:id:niigatameisan:20180514123211j:plain

埼玉ミネラルマルシェに行ってきました!【糸魚川の翡翠】【佐渡の赤玉石】

天然石や鉱物、化石などの展示即売会、ミネラルマルシェに行ってきました!

筆者が行ってきたのは、大宮で開催された第6回埼玉ミネラルマルシェです。

 

f:id:niigatameisan:20180422184601j:plain

f:id:niigatameisan:20180422184604j:plain

およそ80の鉱物業者が出店していました。

会場内には小学生からお年寄りまで幅広い年齢層のお客さんが来ていました。

体感では、40代くらいまでの人が多い印象でした。

筆者の予想よりも高年齢の方はすくなかったです。

男女比はおよそ5:5でした。

会場内には人が多くて、向かい同士のお店の幅がそんなに広くはなかったので、少し狭く感じました。

カバンやバッグを気を付けて持ち歩かないと、鉱物に当たって壊しかねない感じでした。

しかし、石好きの方が大勢訪れていて、とても活気のあるイベントでした。

 

販売されていたものは、指輪やブレスレットなどの装飾品、化石、原石など様々な物が売られていました。

新潟県の物では、糸魚川翡翠佐渡の赤玉石津川町(現・阿賀町)のアメジスト紫水晶)が販売されていました。

アメジストは写真を撮り忘れてしまった!

 

f:id:niigatameisan:20180422184702j:plain

糸魚川翡翠は、世界の中でも希少な宝石の1つです。

宝石にできる品質の翡翠が採れるのは糸魚川ミャンマーのみです。

今回のイベントでは、主に指輪などの装飾品ではなく、原石が販売されていました。

翡翠というと、緑色のイメージが強いですが、原石は白色です。

筆者もつい原石を買いました。

f:id:niigatameisan:20180422184731j:plain

f:id:niigatameisan:20180422184929j:plain

東京では糸魚川翡翠はほとんど流通していません。

ほとんどがミャンマー産です。

今回のイベントもその例外ではなく、ミャンマー産の翡翠が多く売られていました。

 

佐渡の赤玉石は、日本の三大銘石とも呼ばれている石です。

(他の2つは、兵庫の本御影石(ほんみかげいし)、鳥取県の佐治川石(さじがわいし)

鉱物学的には、碧玉(ジャスパー)です。

かの天下人・豊臣秀吉公に献上された逸話があります。

昔は根付などに使用されていましたが、現在は佐渡で飾り石として主に使われています。

赤玉石も糸魚川翡翠と同様に、東京ではほとんど流通していません。

赤玉石が買えるのはイベントなどを除けば、ほぼ佐渡島のお店のみです。

真野観光センターやめおと岩ドライブインで赤玉石を購入することができます。

赤玉石も糸魚川翡翠に負けず劣らず貴重な石ですので、数百万円で販売されているものもあります。

 

f:id:niigatameisan:20180422184957j:plain

今回のイベントでは、鉱物のガチャポンもありました。

写真は翡翠のみですが、そのほかにもダイヤモンドや原石が出てくるガチャもありました。

 

f:id:niigatameisan:20180422185019j:plain

ガチャを10回以上やるお客さんも数名見かけました。

私も危うくガチャ狂いになりそうでしたが、3回翡翠のガチャを回しました。

翡翠のガチャは大当たりがラベンダー色の翡翠でした。

3回やってみたもののラベンダー色の翡翠は引けませんでした。残念!

 

f:id:niigatameisan:20180422185037j:plain

ミネラルマルシェは活気があって非常に楽しいイベントでした!

店主との雑談も楽しめるので、石好きにはとても楽しいイベントでした。

新潟でもミネラルマルシェが開催されます。

今年は第6回で、2018年9月15日(土)から17日(月・祝)の3日間、新潟市産業振興センターで開催されます。

https://www.mineralshow.net/contents/category/niigata/

鉱物に全く興味のない方でも参加してみれば、石の虜になってしまうかもしれません。

©新潟名産品商会2017-2018
本ブログ内の文章の転載を堅く禁じます。